占いとの上手なつきあい方

占いの種類は4種類

占いには、大きく分けて4つの種類があります。
その4つとは、命(めい)、卜(ぼく)、相(そう)、霊(れい)です。

「命」は、生年月日や出生時間など、変わることのない情報を元に占う方法で、運命や宿命、運勢といった、先天的な能力や性格を中心に占います。
四柱推命、誕生数占い、星座占い、動物占いなどがあります。

「卜」は、物事の吉凶を知りたい時に行う占い方法で、専用の道具を使って行います。
易占い、タロットカード、ダウンジング、花占いなどがあります。
おみくじもこの種類に含まれます。

「相」は、人の顔や手相、名前、家の配置などから、運勢や改善方法を導き出すものです。
人相、手相、風水、姓名判断などがあります。

「霊」は、占い師の霊的な力を利用して占うものです。
霊感占い、霊媒、透視、ヒーリング、予言などがあります。

得意分野、不得意分野は?4種の特徴とは

占いには、その種類によって扱う内容に得意、不得意があります。
自分が今何を求めているのかによって、ふさわしい占い方法を選ぶと良いでしょう。

四柱推命や動物占いと言った「命」の占いは、生まれ持った運命や宿命を占うもので、
人の気持ちや、日々移り変わる内容を占いたい場合にはあまり向いていません。

人の気持ちや物事の吉凶を知りたい時には、「卜」の占いを利用すると良いでしょう。
卜は占う度に違う結果が出るものですが、その瞬間に出た答えが真の答えとなります。

「相」は、命と卜の中間のような位置づけです。
運勢や、現在の状況を改善するための方法を知るのに適しています。

「霊」は、占い師(術師)の能力に左右されます。
占い師の感性や、お客さんとの相性などにも影響を受ける場合があります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る